OMM LITE / BIKE 2018 TOKUSHIMA-KAIYO

開催日時 2018年3月17-18日

エントリーオープン日時 : 2018年1月11日(木)

▼RUNNET エントリーサイト
http://runnet.jp/entry/runtes/user/pc/competitionDetailAction.do?raceId=177956&div=1

舞台は四国・徳島県の南端に位置する美しい山と海・川に囲まれた海陽町
OMM LITE/BIKEが2018年初春、いよいよ西日本にやってきます。
舞台は美しい海と山、そして清流・海部川が流れる徳島県・海陽町。

OMM LITE/BIKEは誰でも安全に楽しく、 体力・知識・経験の有無に関わらず、誰でも気軽にご参加できる2日間のナビゲーションイベントです。このイベントを通してナビゲーションスポーツに必要なコンパスワークや、ナビゲーションの基礎知識、プランニング等を経験して学ぶことができます。
そしてこのイベントの楽しみはレースだけではありません。 レース後は晴れていれば美しい星空を見ることができるキャンプサイトで最高に楽しくリラックスした時間を家族や仲間とともに満喫してください。



開催地・ロケーション
OMM LITE/BIKE TOKUSHIMA-KAIYO のロケーションは四国・徳島県南端に位置する海と山の美しい海陽町。
時期は真冬の寒さが少しだけ緩みはじめる初春、まだまだ空気は澄みわたり海も空も輝く美しい季節です。
海陽町は海と山が隣接
する日本でも有数の自然豊かなエリアです。また清流「海部川」が流れ、その周りには日本の原風景的な里山風景が広がります。標高はそれほど高くはないものの山の上からはところどころで美しい海が望めるポイントがあります。
またお遍路やそれに関わる施設など歴史も感じられる四国特有の雰囲気を味わいながら2日間のダイナミックなナビゲーションレースをお楽しみください!


コース上の山の上からは美しい太平洋が望めるポイントが多数点在します。

海陽町が誇る美しい海「水床湾」もコースに含まれています。OMM BIKEでは山側だけではなくこの海側もレースのメイン舞台となります。

 



基本ルール
OMM LITE/BIKEは、チームが独自にルートを選択し、時間内に数多くのチェックポイントを回りながらFINISHまで戻るOMM JAPANのScore形式(ロゲイニング形式)のレースです。ただしOMM JAPANとはいくつかの重要な違いがあります。

・ 1チーム/2名~5名のチームエントリーとなります。
・ CPの設置地点はトレイル、ダートがメインとなります。
 オフトレイルに設置されたCPもありますが、トレイルやダートから安全にアクセスできる場所に設置されています。
・2日間ともにスタート/フィニッシュ地点はイベントセンターとなります。

 またイベントセンター内のキャンプエリアに事前にベースキャンプを設営することが可能です。
・宿泊のルールは定められていません。
 イベントセンター内のキャンプエリアでの野営、もしくは近隣のホテル、民宿などの宿泊施設を利用することも可能です。
・レース中にコンビニやお店で食料・水などの補給をすることも可能です。

競技時間 1日目 / 5時間
2日目 / 4時間


競技カテゴリーはLITE(ラン)とBIKE(自転車)の2種目になります。スタートは同時 でコース内でも度々すれ違うでしょう。その際に互いに声援を贈りあうのもOMM LITE/BIKEの風物詩的風景になります。

Video from OMM LITE in UK イギリスで開催されたOMMlLITEの様子が収められたMovieです。

コー​​スオプション
コースMAPは大会受付登録時に受け渡されます。MAPにはイベント2日間のすべてチェックポイントの位置が記されており、各チームはスタートまでに十分なプランニングの時間を与えられます。ただし各チェックポイントの得点はその時点ではまだ明かされていません。各得点リストは各チームごとにスタートラインに立った時に別紙ではじめて渡され明かされます。

このルールのもっとも重要な意図は、各チームごとに戦略を練る「十分なプランニング」と「地図に慣れ親しむ時間と経験」を確保することです。またチーム同士で意見交換をしたり、イベントスタッフからのアドバイスなど、コミュニケーションをとりながら、その時間を楽しんでください。



KIT LIST / 必携装備リスト 

OMM LITE/BIKEに参加するためには以下のKIT LISTが必携となります。また、これらの装備はイベントに安全に参加するための最低限の装備にすぎません。事前に天気予報を確認して天候が悪い場合などは、自身で追加のKITを用意することをおすすめします。また、水濡れに弱いコットン製のジーンズやスウェットは適切ではありませんため、これらを着用したイベント(レース)の参加は認められません。

・フード付き防水ジャケット(シーム処理の施された完全防水製品に限る)
・防水パンツ(シーム処理の施された完全防水製品に限る)
・ランニングやバイクに適した服、シューズ
・インサレーション(ダウン・フリース等)
・ライト&電池(8時間以上使用可)
・ホイッスル&コンパス
・地図(大会主催者より供給)
・ファーストエイドキット
・エマージェンシーシート(袋状のものに限る)、又は防水シェラフカバー
・リュックサック、バイクパック
・非常食
・ウォーターボトル・ハイドレーションパックなどの給水用具

▼以下はBIKE categoryのみ必携アイテム
・バイク修理キット
・ヘルメット


オーバーナイト・キャンプ・宿泊について

OMM LITE/BIKE はコンペティティング(競技)という側面と、リラックスしたキャンプという2つの側面を合わせ持ったイベントです。選手が競技に参加している間や、レース終了後(15時以降)は、友人・家族と一緒にキャンプをしながら、最高にリラックスしたひとときを提供します。(※レース出場者以外の方のキャンプエリアの入場は無料)

様々なスタイルの幕営が可能なキャンプスペースが用意されています。

1. 一般キャンプスペース 仕切りのない開放感のあるエリアをキャンプサイトとして開放します。自由な空間で各々のキャンプスタイルでお楽しみください。
1区画 5m×5mとなります。
追加キャンプスペース希望の場合は1チームにつき1区画までとなります。
2. オートキャンプスペース キャンピングカーや自家用車の隣にテントを設営するオートキャンプスタイルでの宿泊希望の方用のオートキャンプサイト。特にOMM Bikeに参加するチームには、隣に自転車を置いたり、そこでメンテナンスするための十分なスペースも確保できますのでおすすめです。
※オートキャンプスペースの申込みはエントリー完了後に各自で「まぜのおかオートキャンプ場」に問い合わせて予約をして下さい。(エントリー前の予約は出来ません)
なおサイト数は限られていますので予約は先着順となります。
3.  バンガロー・宿泊施設利用 野営に慣れていない方、家族とゆっくり施設宿泊を希望される方はキャンプ場内のコテージ宿泊、また近隣の宿泊施設の利用も可能です。
※キャンプ場コテージのご予約もご希望の方は各自で行ってください。

 


イベントセンター・キャンプサイトは太平洋と山に囲まれた美しいキャンプ場、夜は星が綺麗に見えることでも知られる「まぜのおかオートキャンプ場」

・飲食ブース、落ちついた音楽等もあるリラックスした雰囲気を演出します。
・夜はBARもOPEN、ゆったりした雰囲気でファミリー、友人同士の交流を楽しんでください。
・焚き火・キャンプファイヤー

気の合う友人や、このイベントを通して知り合った仲間とともに、その日のレースの話はもちろん、共通の趣味の話題や情報交換など焚き火やキャンプファイヤーを前にお楽しみください。

大会概要

開催日  2018年3月17(土), 18(日)  ※16日は前日受付
開催場所  徳島県海陽町
イベントセンター まぜのおかオートキャンプ場
〒775-0101 徳島県海部郡海陽町浅川西福良43  Google map
カテゴリー OMM LITE  5時間/4時間
OMM BIKE  5時間/4時間
募集定員 総数500名
※1チーム/2名~5名までのチームエントリー制となります。
参加費 14,800円/1人
募集期間 2018年1月11日(木)21時 ~
申込方法 RUNETよりエントリー受付
http://runnet.jp/entry/runtes/user/pc/competitionDetailAction.do?raceId=177956&div=1

大会スケジュール

 3月16日(金) 15:00~ 22:00 まぜの丘オートキャンプ場 センターハウス ・出場登録受付開始 ※1) キャンプサイトでの宿泊も可能です。

※2)両日のコースMAPは受付時に配布されます。(ただし各CPの得点の記載はありません。得点表はスタート前に配布されます。)

※3)受付後はイベントセンター内で地形確認やルートの作戦会議をすることも可能です。またイベントスタッフに地図読み・コンパスワーク等のアドバイスを受けることも出来ます。

※4) ビール・軽食の販売を予定しています。

 3月17日(土) 8:00~9:15   出場登録受付
  9:30 スタートエリア ブリーフィング(ルール説明)、得点表配付
  10:00   競技スタート
  12:00 Bar、ケータリング Open
  15:00   制限時間
  21:00   Bar、ケータリング close
 3月18日(日) 7:00~ 朝食バーOPEN
  8:40~ スタートエリア DAY2 得点表配布
  9:00   競技スタート
  12:00 昼食ケータリング/ BAR OPEN
  13:00   制限時間
  14:00 表彰式

ルール詳細

このレースは全参加者がフェアプレー精神をもち、かつ安全を確保しながら、競技中の行動、装備に責任を持つというルールを守ることで成り立っています。またレースに出場するにあたっては以下のルールを理解して参加することが原則となります。

1. 健康な14歳以上の方、但し、各チームに成人が最低 1人必要です。
2. チームメンバーは常に一緒に行動してください。コース中では常にお互いの声が届く範囲に収まってください。また必要な 装備は常に携帯してください。チームのメンバーの1人が健康上の理由(怪我、疲労、脱水症状など)でレースを続行できなくなった場合は、即座にレースを中断し、安全な場所でビバーグを行ってください。残りの選手は直近のコントロールやスタート地点、フィニッシュ地点等の役員がいる場所に救助要請をするための行動を取ってください。地図には緊急連絡用の電話番号を記入してあります。
3. 地図上で示された立入禁止エリアには立ち入らないでください。立入が発覚した場合失格となります。
4. 全てのチームは、 指定された衣類、装備、緊急用の食料、着替えなどを全て着用、または持ち歩かなくてはいけません (※ザックのデポは不可)。装備チェックは受付前の出場登録時に各チームの責任で行ってください。
5. ペットを連れての出走は禁止します。
6. レース前に競技エリアに立ち入ることは禁止します。
7. 携帯電話などの通信デバイスの携帯は可能ですが、競技中の音声通話、データ通信は禁止とします。これが確認された場合は失格となります。 ただし自然災害など緊急・非常事態の場合は除きます。
8. 仮装や裸での出走やその他公序良俗に反する行為があった場合、他のチームを危険にさらした場合は失格とし、今後の本レースへの出場が許されない場合があります。
9. すべてのチームは競技中いかなるときでも大会役員による装備チェックを受ける可能性があります。装備品の不足などルール違反が見つかった場合は失格となります。
10. レース終了時も緊急用の食料を所持している必要があります。
11. キャンプサイトでは 21 時以降は騒音となるような大きな声、音をたてないでください。
12. コントロールに設定される関門の閉鎖時刻、フィニッシュ閉鎖時刻は地図上に明記されます。完走が難しいチームに対しては大会役員の判断でコースのショートカットまたは棄権の判断を促す場合があります。


キャンセルポリシー

・入金手続き完了後はいかなる理由であっても申し込みのキャンセル、参加費は返金できませんことご了承ください。