OMM LITE BIKE 史上初の10月開催決定!

参加者すべての皆様へ

長い社会生活自粛という苦境を経験し、またこれからも一定の制限を受け入れながら生きていくウィズコロナの時代に、自分自身で考え、選択し、行動するチカラが今まで以上により必要になってきたことを今、意識している方も多いのではないかと思います。

このOMMというイベントは「オウンリスク」の精神をベースに参加者・チームがレース中における自身の行動に責任をもち選択することが醍醐味であります。そのスピリッツこそが毎年多くの参加者を魅了し続ける一番の理由なのではないでしょうか。そしてOMMに参加した経験こそが社会生活に戻っていく我々にとって、自身で考え、選択し、行動する、大いなる糧になっているのでは無いかと我々は信じています。

コロナウイルスの感染状況により、この秋冬も多くのスポーツイベント、大会が中止を発表しています。一部の地域においては未だ終息に向けて厳しい状況が続いている現状もあります。中止への決断へと至った理由もそれぞれの大会ごとにあると思います。

本大会OMMにおいてはコロナ前、コロナ自粛期間中、そして自粛明け、そのたびにできうる協議と準備を進めてきた結果、地元自治体、各関係、運営チーム、すべての了承を得た上で、今回、開催決定へと踏み切る決断を選択しました。
イベント当日は感染拡大防止のための対策を十分にとって開催いたします。

今後のコロナ感染状況によっては、改めて中止という決断をせざるを得ない可能性は残ります。しかしながら、万全の対策をとって開催できる可能性にかけて、今年もまた参加者の皆さんが大自然へチャレンジし、困難を乗り越え、大いなる経験と感動に溢れる「あの場所」の実現に向けて、全力で準備を進めていきます。

キャンセルポリシーは下記のイベント詳細でご確認いただけますので必ずご一読の上、本大会参加をご検討ください。

またその他ご不明な点は event@theomm.jp までご連絡いただけますよう宜しく御願い致します。

OMM JAPAN 運営チーム

7月開催がやむなく中止となった今年のOMM LITE BIKE 白馬,小谷ですが、この苦境を乗り越えて、紅葉が真っ盛りの北アルプスの山々を望みながら、涼しくて素晴らしい気候の中で催される今年限定の「秋のOMM LITE BIKE 白馬、小谷」の開催が決定いたしました。

OMM LITEは北アルプスの麓、白馬村・小谷村を仲間とともに100%楽しむイベントです。

OMM LITE/BIKE はコンペティティング(競技)と、リラックスしたキャンプという2つの側面を合わせ持ったイベントです。 レース終了後15時以降は、家族や友人同士でリラックスした秋のキャンプをお楽しみください。

*フリーのキャンプサイト、オートキャンプサイトが用意されています。
*レースには参加しない家族、子供、友人も無料でイベントに参加できます。
*最高のアウトドアフィールドで、皆と共に最高に楽しい週末を過ごしてください。

白馬村がまるごと舞台の壮大なナビゲーションゲーム

OMM LITEは、チームが独自にルートを選択し、時間内に数多くのチェックポイントを回りながらFINISHまで戻るOMM JAPANのScore形式(ロゲイニング形式)のレースです。ただし、OMM JAPAN 本戦とはいくつかの重要な違いがあります。

  • 1チーム/2名~5名のチームエントリー制となります。
  • CPの設置地点はトレイル、ダートがメインとなります。 オフトレイルに設置されたCPもありますが、安全にアクセスできる場所に設置されています。
  • 2日間ともにスタート/フィニッシュ地点はイベントセンターとなります。 またイベントセンター内のキャンプエリアに事前にベースキャンプを設営することが可能です。
  • 宿泊はキャンプエリアでの野営、もしくは近隣のホテル民宿などを利用することも可能です。
  • レース中にコンビニやお店で食料・水などの補給をすることも可能です。

OMM LITEは、チームが独自にルートを選択し、時間内に数多くのチェックポイントを回りながらFINISHまで戻るOMM JAPANのScore形式(ロゲイニング形式)のレースです。ただし、OMM JAPAN 本戦とはいくつかの重要な違いがあります。

  • 1チーム/2名~5名のチームエントリー制となります。
  • CPの設置地点はトレイル、ダートがメインとなります。 オフトレイルに設置されたCPもありますが、安全にアクセスできる場所に設置されています。
  • 2日間ともにスタート/フィニッシュ地点はイベントセンターとなります。 またイベントセンター内のキャンプエリアに事前にベースキャンプを設営することが可能です。
  • 宿泊はキャンプエリアでの野営、もしくは近隣のホテル民宿などを利用することも可能です。
  • レース中にコンビニやお店で食料・水などの補給をすることも可能です。

レースの後は仲間・家族とのキャンプタイム

OMM LITE はリラックスしたキャンプという側面も合わせ持ったイベントです。選手が競技に参加している間や、レース終了後(15時以降)は、友人・家族と一緒にキャンプをしながら最高にリラックスしたひとときを提供します。

  • 飲食ブース、落ちついた音楽等もあるリラックスした雰囲気を演出します。
  • 夜はBARもOPEN、ゆったりした雰囲気でファミリー、友人同士の交流を楽しんでください。
  • 焚き火・キャンプファイヤー
  • ナイトゴンドラ運行

EVENT DETAILS

開催日 : 2020年10月17(土), 18(日) 
開催場所 : 長野県白馬村・小谷村
イベントセンター : 白馬岩岳スキー場  Google map
カテゴリー : OMM LITE  5時間/4時間 、 OMM BIKE 5時間/4時間
募集定員
 : 総数600名 
※1チーム/2名~5名までのチームエントリー制となります。
参加費 : 14,800円/1人
募集期間 : 2020年8月1日 21:00〜
申込方法 : RUNNETよりエントリーを開始します。

※新型コロナウィルスの感染拡大状況によって、やむなくエントリー中止とさせていただく可能性もございます。

OMM LITEは、チームが独自にルートを選択し、時間内に数多くのチェックポイントを回りながらFINISHまで戻るOMM JAPANのScore形式(ロゲイニング形式)のレースです。ただし、OMM JAPAN 本戦とはいくつかの重要な違いがあります。

  • 1チーム/2名~5名のチームエントリー制となります。
  • CPの設置地点はトレイル、ダートがメインとなります。
  • オフトレイルに設置されたCPもありますが、トレイルやダートから安全にアクセスできる場所に設置されています。
  • 2日間ともにスタート/フィニッシュ地点はイベントセンターとなります。 またイベントセンター内のキャンプエリアに事前にベースキャンプを設営することが可能です。
  • 宿泊のルールは定められていません。 イベントセンター内のキャンプエリアでの野営、もしくは近隣のホテル、民宿などの宿泊施設を利用することも可能です。
  • レース中にコンビニやお店で食料・水などの補給をすることも可能です。

1日目 / 5時間
2日目 / 4時間

コー​​スオプション コースMAPは大会受付登録時に受け渡されます。MAPにはイベント2日間のすべてチェックポイントの位置が記されており、各チームはスタートまでに十分なプランニングの時間を与えられます。ただし各チェックポイントの得点はその時点ではまだ明かされていません。各得点リストは各チームごとにスタートラインに立った時に別紙ではじめて渡され明かされます。 このルールのもっとも重要な意図は、各チームごとに戦略を練る「十分なプランニング」と「地図に慣れ親しむ時間と経験」を確保することです。またチーム同士で意見交換をしたり、イベントスタッフからのアドバイスなど、コミュニケーションをとりながら、その時間を楽しんでください。

MAP サンプル

OMM LITEに参加するためには以下のKIT LISTが必携となります。また、これらの装備はイベントに安全に参加するための最低限の装備にすぎません。事前に天気予報を確認して天候が悪い場合などは、自身で追加のKITを用意することをおすすめします。また、水濡れに弱いコットン製のジーンズやスウェットは適切ではありませんため、これらを着用したイベント(レース)の参加は認められません。

  • フード付き防水ジャケット(シーム処理の施された完全防水製品に限る)
  • 防水パンツ(シーム処理の施された完全防水製品に限る)
  • 山のランニングやウォーキングに適した服
  • トレイルに適したシューズ
  • ライト&電池(8時間以上使用可)
  • ホイッスル&コンパス
  • 地図(大会主催者より供給)
  • ファーストエイドキット
  • エマージェンシーシート(袋状のものに限る)、又は防水シェラフカバー
  • リュックサック、バイクパック
  • 非常食
  • ウォーターボトル・ハイドレーションパックなどの給水用具

北アルプスを一望しながら山頂付近の紅葉やブナ林も堪能できる秋の白馬村・小谷村が舞台になります。 普段の登山やトレイルランニングではなかなか行くことのない絶景を堪能しながら2日間のイベントを存分に楽しんでください。

OMM LITE/BIKE HAKUBA OTARI 2020

OMM LITE/BIKE はコンペティティング(競技)という側面と、リラックスしたキャンプという2つの側面を合わせ持ったイベントです。選手が競技に参加している間や、レース終了後(15時以降)は、友人・家族と一緒にキャンプをしながら、(※レース出場者以外の方のキャンプエリアの入場は無料) 地元のさまざまなアクティビティを楽しめたりと、最高にリラックスしたひとときを提供します。 ▼様々なスタイルの幕営が可能なキャンプスペースが用意されています。

  1. 一般キャンプスペース 開放感のあるエリアをキャンプサイトとして開放します。自由な空間で各々のキャンプスタイルでお楽しみください。 ※1区画 5m×5mとなります。 ※追加キャンプスペース希望の場合は1チームにつき1区画まで、+1000円を現地徴収致します。
  2. オートキャンプスペース キャンピングカーや自家用車の隣にテントを設営するオートキャンプスタイルでの宿泊希望の方用のオートキャンプ専用駐車場を用意します。 特にOMM Bikeに参加するチームには、隣に自転車を置いたりメンテナンスするためのスペースも確保できますのでおすすめです。 ※オートキャンプスペース 広さは1区画車2台分になります。 ※下地はコンクリート駐車場になります。
  3. 宿泊施設利用 野営に慣れていない方、家族とゆっくり施設宿泊を希望される方は、近隣の宿泊施設の利用も可能です。翌日のスタートまでにイベントセンターにお戻りください。

※ご注意! 各キャンプサイトの予約はエントリー時に合わせて申し込み頂きます。また各サイトともスペースに限りがるため上限数に達した時点で先着順での受付とさせていただき、”定員に漏れてしまった方だけに”後日メールにて事務局からお知らせをさせて頂きます。 また上記の理由から追加キャンプスペースに関しては、先着順関係なくまずは通常予約分を優先とさせて頂きますことを予めご了承ください。

イベントスケジュール

金曜日
12:00 – 出場登録受付・パーキング・キャンプサイト Open

土曜日
08:00 – 出場登録受付 Open
09:15 – 出場登録受付 Close
09:30 – ブリーフィング(ルール説明)、得点表配付
10:00 – 競技スタート
12:00 – 物販、ケータリング  Open
15:00 – 競技制限時間
22:00 – 物販、ケータリング Close

日曜日
07:00 –  朝食サービス Open
08:30 – DAY2 得点表配布
09:00 – 競技スタート
12:00 – 物販、ケータリング Open
13:00 – 競技制限時間
14:00 – 表彰式

このレースは全参加者がフェアプレー精神をもち、かつ安全を確保しながら、競技中の行動、装備に責任を持つというルールを守ることで成り立っています。またレースに出場するにあたっては以下のルールを理解して参加することが原則となります。

  1. 健康な14歳以上の方、但し、各チームに成人が最低 1人必要です。
  2. チームメンバーは常に一緒に行動してください。コース中では常にお互いの声が届く範囲に収まってください。また必要な 装備は常に携帯してください。チームのメンバーの1人が健康上の理由(怪我、疲労、脱水症状など)でレースを続行できなくなった場合は、即座にレースを中断し、安全な場所でビバーグを行ってください。残りの選手は直近のコントロールやスタート地点、フィニッシュ地点等の役員がいる場所に救助要請をするための行動を取ってください。地図には緊急連絡用の電話番号を記入してあります。
  3. 地図上で示された立入禁止エリアには立ち入らないでください。立入が発覚した場合失格となります。
  4. 全てのチームは、 指定された衣類、装備、緊急用の食料、着替えなどを全て着用、または持ち歩かなくてはいけません (※ザックのデポは不可)。装備チェックは受付前の出場登録時に各チームの責任で行ってください。
  5. ペットを連れての出走は禁止します。
  6. レース前に競技エリアに立ち入ることは禁止します。
  7. 携帯電話などの通信デバイスの携帯は可能ですが、競技中の音声通話、データ通信は禁止とします。これが確認された場合は失格となります。 ただし自然災害など緊急・非常事態の場合は除きます。
  8. 仮装や裸での出走やその他公序良俗に反する行為があった場合、他のチームを危険にさらした場合は失格とし、今後の本レースへの出場が許されない場合があります。
  9. すべてのチームは競技中いかなるときでも大会役員による装備チェックを受ける可能性があります。装備品の不足などルール違反が見つかった場合は失格となります。
  10. レース終了時も緊急用の食料を所持している必要があります。
  11. キャンプサイトでは 21 時以降は騒音となるような大きな声、音をたてないでください。
  12. コントロールに設定される関門の閉鎖時刻、フィニッシュ閉鎖時刻は地図上に明記されます。完走が難しいチームに対しては大会役員の判断でコースのショートカットまたは棄権の判断を促す場合があります。

・コロナウイルス関連によりエントリー後のイベントキャンセルの際のご返金については中止決定をした段階でそれまでにかかった運営費用、委託費用、諸経費等を差し引いた金額を算出し全申込者に均等にご返金させていただきます。中止決定時点のエントリー総数によってもご返金額が変わることをあらかじめご了承ください。

また中止の際には来年開催時の優先エントリ、およびエントリーフィー割引等の対応も検討いたします。


上記以外における場合は、入金手続き完了後はいかなる理由であっても申し込みのキャンセル、参加費は返金できませんことご了承ください。

大会役員 OMM JAPAN は下記役員と多くのボランティア、地域オリエンテーリングクラブ、国士舘大学医療班によって運営され ています。

イベントディレクター 小峯秀行
コミュニケーションディレクター Jeff Jensen
イベントヘッドクォーター  野村治子
コースプランナー  小泉成行(公益社団法人日本オリエンテーリング協会)

募集定員

600

¥14,8OO / 1人