www.thirtysevenfive.com

37.5 technologyの活性微粒子は、蒸気発散と液体蒸発の両方を促進することで、防水透湿ファブリックの性能を高めます。この技術は着用している人の体に積極的に反応することで、ドライで快適な着心地を保ちます。

身体に備わった効率的なシステムをさらに向上させる技術

私たちの体にはすでに究極の体温調節システムである皮膚があります。活動中に皮膚から出る汗の蒸気は、懸命に動いているときには体を冷やします。実際に蒸発した汗1gあたり、580カロリーの蓄熱が放出されます。衣類の層から水分を取り除くことが、快適さの鍵となります。水蒸気が外に排出されないと、衣服の中にそれが蓄積され、皮膚表面に冷たく湿った微気候が形成されてしまいます。37.5 technologyは、体の自然な体温調節機能を高めるように動作し、常に快適さを保ちます。

これが機能するためには、微気候内に湿度の蓄積が必要です。一般的に、肌表面の微気候の相対湿度が約70%に達するまで、水蒸気はW/Bファブリックを通って移動し始めません 。37.5 technologyは、水蒸気が蓄積する前からそれを排出するために活発に働き始める独自のメカニズムを追加しました。37.5 technologyの活性微粒子は乾燥剤です。身体に反応して水蒸気を引き寄せ、赤外線(IR)エネルギーを取り込み、膜の表面積を増加させます。これらの物理的特性の組み合わせにより水蒸気がより多く拡散し、蒸発が促進されるため衣類内部の湿度が低下し、結露が発生しにくくなります。その結果より快適な着用感が得られるのです。

高多孔質な構造を持つ37.5活性微粒子の乾燥材が、水蒸気を引き寄せます。この微粒子は人の赤外線エネルギーを取り込み、水蒸気を発散します。この取り込みと放出のメカニズムが繰り返し起こることで、まるでポンプで排出するように水蒸気を衣服の外へ逃し、ユーザーの着用感を向上させます。活性微粒子の表面積が800%増加することにより、生地の乾燥時間が30~100%向上します。

どのように機能するのか?

37.5 technologyに含まれる特許取得済みの活性粒子が、防水/透湿(W/B)衣類の快適性と性能を高めます。従来の透湿ラミネート素材は、水蒸気よりも大きい水滴を通さない孔を通して、肌表面の微気候で発生した余分な水分を水蒸気として衣服の外に追い出します。

37.5 TECHNOLOGYのメリット

  • 37.5 technologyは、水蒸気透過率(MVT)と乾燥時間を30~100%向上させます。これにより、体がより効率的に理想的な深部体温を維持することができ、より高いパフォーマンスをより長く持続することができます。
  • 37.5 technologyは結露の発生を抑えます
  • 37.5 technologyは耐久性と肌触りを向上させ、追加のレイヤーを着用する必要性やコストを削減します
  • 37.5 technologyは、自然由来の素材で作られています
  • 37.5 technologyは、水蒸気の移動を促進し、プラスチック感/べたつき感なく、よりドライな肌触りを提供します

参考文献1 Comparison of Sweating Guarded Hot Plate and Upright Cup Methods of Measuring Water Vapor Permeability, Phillip W Gibson, 1992 Waterproof Breathable Fabric Technologies: A Comprehensive Primer and State of the Market Technology Review, Alan Dixon, 2004

www.thirtysevenfive.com